'telnet' は、内部コマンドまたは外部コマンド、 操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

作成日:2020/04/18
更新日:2020/04/18




telnet が見つからない



Windows 10 環境においてテルネットクライアントである telnet.exe を実行すると以下のエラーが発生する場合があります。


'telnet' は、内部コマンドまたは外部コマンド、 操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。



原因


telnet クライアントは標準(デフォルト)ではWindows 10 に装備されていません。
telnet プロトコルは認証用のパスワードや通信内容は暗号化されていません。簡単に盗聴が可能です。パスワードを盗むことも可能です。FTPと同じく現在はほとんど使われることはありません。
ただし


対処



以下の手順でtelnet クライアントを追加します。

(1)コントロールパネル → Windowsの機能の有効化または無効化 で"Telnetクライアント"をチェックする。
(2)[OK]を押します。その後は指示に従います。

インストールが完了したら以下のファイルが存在するはずです。


C:\WINDOWS\system32>dir /s telnet.exe
ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
ボリューム シリアル番号は 2A34-CBE4 です

C:\WINDOWS\system32 のディレクトリ

2019/06/15 05:55 130,560 telnet.exe
1 個のファイル 130,560 バイト

ファイルの総数:
1 個のファイル 130,560 バイト
0 個のディレクトリ 30,926,761,984 バイトの空き領域


telnet の代わりにsshを


前述したとおり,telnetは暗号化が行われないために危険です。代わりにssh(Secure Shell))を使用することを推奨します。
ftpもsftpやscpを使うとよいでしょう。あくまでもtelnetはテスト環境内などの場合に限定すべきです。



キーワード:Telnet

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。