スリープから戻った時にサインイン画面を表示しない設定

作成日:2017/05/04
更新日:2017/05/04




例えば5分とか経過して、Windows PCがスリープモードに入ったとします。その後ユーザがスリープを解除した場合、サインインの画面が表示される場合があります。

これは誰かがあなたのPCで勝手にスリープから解除して操作するのを防ぐためです。セキュリティの面より重要ですが、この設定を無効にする手順んを紹介します。

設定アプリより→[アカウント]→[サインインオプション]→[サインイン]で「しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるまでの時間を選んでください」で「表示しない」を設定します。




キーワード:スリープモード

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。