Windows 7 で Windows 10用のインストールDVDを作成する

作成日:2018/06/24
更新日:2018/06/24




概要



Windows 7 や Windows 8.xで Windows 10用のDVDを作成する方法を紹介します。Windows 10に変更したいが、アップグレードに失敗する場合や綺麗にクリーンインストールしたい場合に活用してください。

以下が必要です。
(1)インターネット回線。高速、安定した回線が望ましい。サイズは約 4G バイトです。
(2)USB フラッシュドライブ(5Gバイト以上の空き容量)、あるいは DVD。DVDの場合は ISO イメージ書き込みのソフトウェア。Windows 8.xでは標準で機能があるため別途準備は不要です。

Windows 7 の場合は無料(フリー)の"ImgBurn "などが有名です。

(3)64ビット版、あるいは32ビット版のどちらか選択が必要です。両方作成する場合は上記で案内した媒体が2個必要です。


(*)Windows 10への無償アップグレードが許可されている環境では、場合によってはWindows 7のライセンスをWindows 10にアップグレードすることによりプロダクトキーを更新する必要がある場合があります。そうしないとクリーンインストール時の認証で失敗する場合があります。


手順




以下のリンクより「ツールを今すぐダウンロード」を選択して ISO ファイルを作成します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10



■参考まで他のWindowsのISOイメージは以下の通りです。
Windows 8.1 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows8ISO


Windows 7 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7



キーワード:アップグレード

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。