日本語入力ができない場合に試すこと

作成日:2017/05/04
更新日:2017/05/04




現象


日本語入力が突然できなくなった場合の対処を記載します。


対策



1.言語バーの起動
コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行して入力可能か確認します。言語バーが起動していない場合はこれで起動するはずです。


ctfmon


2. 入力モードを日本語に設定
入力モードは様々な言語に設定することが可能です。入力モードが日本語になっていることを確認します。

3. 入力言語を日本語に設定
IMEの使用言語が日本語以外に設定されている場合、日本語入力はできません。入力方法を確認します。

4. 日本語IMEを既定の言語として設定
他のアプリケーションをインストールした場合など、デフォルトの日本語入力がIME意外に設定されている可能性があります。
IMEに戻して改善するか確認します。

5. ローマ字入力/かな入力の確認
主に日本語の入力方式には「かな入力」と「ローマ字入力」の2通りが存在します。

かな入力:キーボード上に書かれたかなの通り打ち込む
ローマ字入力:アルファベット表記を基にローマ字で日本語を打ち込む

意図した入力方式になっているか確認します。

6. 日本語IMEを再インストール
最後の手段としてIMEを再インストールして改善するか確認します。



キーワード:IME

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。