ftp の mput でファイルを上書きしない方法

作成日:2018/02/10
更新日:2018/02/10




現象


ftp クライアントから mput コマンドでファイルをアップロードする場合、ftpサーバにすでにファイルがある場合、強制的に上書きしてしまうようです。
上書きしない方法を探しました。一部のネットの情報では "append" コマンドを実行すれば上書きしないと記載がありましたが、Windows の ftp クライアントでは機能しませんでした。

対処



結論としてはWindows の ftp クライアントでは実現できませんでした。別途 Powershell などで確認しながらアップロードするプログラムを作成すれば可能と思われますが、ここでは省略します。
別途 FileZilla や ffftp クライアントを使用すればすでにファイルが存在する場合の動作を指定できる(上書きや上書きしないなど)ようです。
ともに無料で使用できるため、インターネットからダウンロードしてみてください。



キーワード:FTP

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。