エクスプローラが強制終了する

作成日:2017/04/27
更新日:2017/04/27




エクスプローラがハング



エクスプローラでフォルダを開くと、エクスプローラがハング、強制終了ししばらくすると再度エクスプローラが立ち上がってくる不具合が発生する場合があります。
再現性はあります。何度移動しても固まってから異常終了し、ふたたび何事もなかったかのように起動してきます。

場合によっては"エクスプローラは動作を停止しました"と表示される場合があります。あるいは「アイコンがくるくる回った状態で終わらない」「極端に遅くなる」などの現象が発生する場合もあります。

原因


以下のような原因が考えられます。

(1)サウンドが原因
エクスプローラでフォルダを開くたびにサウンドがなりますが、そのサウンドに問題があり不具合が発生する場合があります。

(2)Windows Defender
Windows Defenderの問題でエクスプローラがハングする場合もあるようです。Windows Defenderをオフにして再現するか確認します。
再現する場合は最新版にアップデートする、あるいは他のアンチウィルスに変更するなどの対処が考えられます。

(3)プレビューの問題
エクスプローラにプレビューの機能があります。これが原因でハングする場合もあるようです。



対処



(1)
エクスプローラでフォルダを開くとき、音を鳴らさない設定に変更してみます。
コントロールパネルのサウンドで"ナビゲーションの開始"をオフにしてみます。



(2)
エクスプローラのオプションで「プレビュー ウィンドウでプレビューのハンドラーを表示する」をオフにしてみます。




キーワード:エクスプローラ

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。