Cドライブの空きを増やす様々な方法

作成日:2017/04/26
更新日:2017/04/27




Cドライブの空きを増やす様々な方法を紹介します。

(1)ディスククリーンアップを実行する。(cleanmgr.exe)

(2)マイドキュメントをDドライブに移動する。

(3)Windows Update 関連のファイルの削除

以下のフォルダ以下を削除します。
C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download

(4)hiberfil.sysを削除
ハイバネーションファイルです。Windowsが休止状態に入る場合、情報を覚えておくファイルです。実メモリ並みに大きなファイルとなります。休止状態を無効にすれば削除されるはずです。

(5)古い復元ポイントの削除

(6)temp フォルダ以下のファイルの削除
上級者向けです。一時的に使用されるファイルですが、不要になっても残存している場合があります。

C:\WINDOWS\Temp
C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Temp


(7)IEキャッシュの削除

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files

(*)[ユーザー名]には実際のユーザ名が入ります。例えばユーザ名が yamadataroの場合は

C:\Users\yamadataro\AppData\Local\Temp

となります。

(8)ページファイルの移動
ページファイルをCドライブ以外(例えばDドライブ)に移動します。

【重要な注意】
C:\Windows\WinSxS 以下は絶対に削除してはいけません。削除するとシステムが不安定となります。



キーワード:ディスククリーンアップ

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。