"不正なアクセスを防止する機能により、一時的にご利用を制限しています"の原因と対処

作成日:2020/09/29
更新日:2020/09/29




現象



パソコン教室でメールアドレスを作成する実習を行ったところ、以下のエラーで一斉にアクセスできなくなりました。


不正なアクセスを防止する機能により、一時的にご利用を制限しています


原因


パソコン教室はローカルLANで行われ、外部通信には Proxy サーバが使用されていました。
Proxyサーバは 外部への Forward サーバであり IPアドレスが共通化されています。

よってメールサービス側からすると一度に同じIP から大量のリクエストが来たように見えたのです。
要するに自動化ツールなどで大量のメールアドレスを取得しようとしたように見えたということでしょう。

対処



しばらくまって解除されてから再度試みます。
おそらく一度に5メールアドレス〜10メールアドレスくらいは問題なさそうです。



キーワード:フリーメールアドレス

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。