"リモートプロシージャコールに失敗しました"でフォトファイルが開けない場合の対処

作成日:2017/05/03
更新日:2017/05/03




現象



画像ファイル(フォトファイル)を開こうとすると、以下のエラーで失敗する場合があります。
リモートプロシージャコールに失敗しました

原因


Windows 10においてフォトアプリの不具合で発生するようです。

対策



2017年5月現在では、フォトアプリのアンインストール、再インストールで解決するようです。

(1)フォトアプリをアンインストールする


C:\>powershell
Windows PowerShell
Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\> Get-AppxPackage *photos* | Remove-AppxPackage


(2)フォトアプリを再インストールする
・ストアに移動します。
・"Microsoftフォト"で検索するとマクロソフトのフォトアプリが表示されます。このアプリをインストールします。



[参考]
リモートプロシージャコールサービスが「自動」あるいは「手動」設定である必要があります。
以下のコマンドを実行して「AUTO_START(自動起動)」あるいは「DEMAND_START(手動、デマンド)」であることを確認します。
もし「DISABLED(無効」なら、本エラーが失敗しでフォトアプリでエラーが発生します。


sc qc RpcSs | findstr START_TYPE


ただしWindows10環境では、このサービスは自動以外は設定できないようです。"sc config RpcSs start= auto"あるいは services.msc からも変更できません。



キーワード:フォト

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。