Show or hide updatesで特定のWindows Updateをスキップする

作成日:2017/05/15
更新日:2017/05/15




特定の更新プログラムをスキップする


Windows 10で特定の更新プログラム(Windows Update)をスキップする方法を紹介します。
理由が不明ですが環境によっては特定のWindows Updateの更新に失敗する場合があります。
起動時に毎回失敗と再起動が発生します。もちろんセキュリティ上インストールするのが好ましいのですが、毎回毎回失敗する場合、その問題を修正する更新プログラムがリリースされるまで、スキップしたい場合もあるでしょう。

そんな場合はこの更新プログラムをスキップすることが可能です。


解決方法



Show or hide updatesで特定の更新プログラムをスキップすることが可能です。
問題を起こす更新プログラムを「Hide updates」でチェックすれば次回から更新の対象にはなりません。

参考:Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介

https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2015/07/30/windows-10-windows-update-12/



キーワード:Windows Update

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。