監査管理のユーザー権利がありません が robocopy コマンドで表示される

作成日:2020/06/08
更新日:2020/06/08




現象



robocopy で一括コピーを行おうとしたところ以下のエラーが発生しました。


監査管理のユーザー権利がありません robocopy


原因


robocopy コマンドのオプションである /COPYALL オプションが指定されていました。
これにより監査情報までコピーしようとしましたが、コピーの実行者に権限がありませんでした。

対処



監査情報が不要なら監査情報を除外してコピーを行う。

/COPY: で以下のフラグを付けてコピーを行う。


/COPY:コピーフラグ :: ファイルにコピーする情報 (既定値は /COPY:DAT)。
(コピーフラグ: D= データ、A= 属性、T= タイムスタンプ)。
(S= セキュリティ =NTFS ACL、O= 所有者情報、U= 監査情報)。




キーワード:Robocopy

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。