Remote procedure cal(リモートプロシージャコール) の CPU 使用率がとても高い

作成日:2018/01/13
更新日:2018/01/13




現象



Remote procedure cal(リモートプロシージャコール) の CPU 使用率がとても高い現象が発生。

原因


色々な原因が考えられるが、今回は Windows Defender が原因であった。

対処



対処は不明。Windows 10 を何度かリブートしたら改善した。



キーワード:Windows Defender

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。