NET::ERR_CERT_DATE_INVALID がSSL証明書の有効期限の問題で発生する

作成日:2020/08/23
更新日:2020/08/23




現象




ブラウザで SSL ページへアクセスすると以下のエラーが発生します。


接続がプライベートではありません
攻撃者が、example.com から個人情報 (パスワード、メッセージ、クレジットカードなど) を盗み取ろうとしている可能性があります。
NET::ERR_CERT_DATE_INVALID
このサーバーは example.com であることを証明できませんでした。セキュリティ証明書が 2 日前に有効期限切れになっています。構成に誤りがあるか、接続が攻撃者によって妨害されている可能性があります。コンピューターのクロックは現在 2020年8月23日日曜日 に設定されています。これが正しくないと思われる場合は、システム クロックを修正してからこのページを更新してください。

example.com に進む (安全ではありません)


Google Chrome でも Microsoft Edge でも同じようなエラーメッセージが表示されます。次に進むことは可能ですがあまり気持ちがよいものではありません。
PCの時刻は間違っていません。

Google Chrome のウィンドウには "セキュリティ保護なし"と表示され HTTPS がばつ印で消されています。環境はWindows 10 ですがその他の環境でも表示されます。

原因


スタードメインでホスティングしていました。無料SSLを使用していました。SSLの有効期限が切れているのが原因でした。

ちなみに PCの日付が大幅に前の時刻として間違っている場合、SSL証明書の日付が古くなるので同様のエラーとなります。例えば日付が2050年と間違っている場合はSSL 証明書の有効期限の方が古いので本エラーとなるでしょう。

対処



スタードメイン管理ツールにログインします。手動で証明書を更新します。
これで無事解決しました



キーワード:SSL証明書

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。