Google のキャッシュが申請してすぐに削除された件

作成日:2019/09/22
更新日:2019/09/22




Google 検索キャッシュを削除する


インターネット検索で一番トップであるGoogleにはキャッシュ機能があります。
Web ページが存在しない(404 not found) でもGoogleに保存されたキャッシュにアクセスして情報を取得することができます。
便利な機能ですが、削除した場合もあります。削除に成功しましたので方法をメモで残しておきます。

削除申請する



削除は主に以下の2通りに分かれます。

(1)自分が管理しているサイト
結論として削除申請してからすぐに削除されました。不要なページでそれを削除してもGoogle検索にキャッシュが残ってしまっていました。
自分の保有するサイトなら申請すればすぐに削除されるようです。具体的にはドメインがSearch Consoleに登録されていれば削除申請できるようです。

こちらから:
https://support.google.com/websearch/answer/6349986?hl=ja

(2)自分が管理していないサイト
詳しくは以下を参考にしてください。

参考:https://support.google.com/webmasters/answer/6332384?hl=ja



キーワード:Google search console

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。