CRITICAL_STRUCTURE_CORRUPTION でブルースクリーンになる場合の対処

作成日:2018/02/06
更新日:2018/02/06




現象




以下のStop エラーが発生して、クラッシュ(ブルースクリーン)が発生する場合があります。

CRITICAL_STRUCTURE_CORRUPTION


同時に以下のようなエラーコードが表示される場合があります。

0x00000109, 0x8A287C67, 0x0B76E031, 0x3590B8E7, 0x559F80CD.


原因


(1)メモリが物理的に壊れた可能性があります。
(2)ドライバが古い
(3)ファイルシステムが破損している。

対処




(1)メモリチェック
コントロールパネル上で「メモリー」で検索してください。
以下のように"お使いのコンピュータのメモリの問題の診断"が表示されるため、メモリ診断を実行してください。



(2)ドライバを更新する。
最新のドライバにアップデートします。

(3)以下コマンドでシステムファイルのチェックを行う。
chkdsk /f /r



キーワード:ブルースクリーン

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。