0x8007045A ERROR_DLL_INIT_FAILED でWindows Updateが失敗する場合の対処

作成日:2017/06/12
更新日:2017/06/12




現象


Windows Update を実行すると以下のエラーが発生する場合があります。

0x8007045A ERROR_DLL_INIT_FAILED

原因



もし再現するなら、 msxml 関連の dll ファイルが破損している可能性があります。

以下のようなファイルが物理的に破損している可能性があります。
msxml3.dll, msxml3a.dll, msxml3r.dll, msxml6.dll and msxml6r.dll


対策


このページ下の方法でシステムの修復を試みます。

参考手順

【1】展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使用して修復を試みます。

(1)念のため復元ポイントを作成し、後で元に戻せる準備をしておきます。
(2)管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
(3)以下のコマンドを実行します。


DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth


(*)このエラーでコマンドが失敗する場合には、Windows のインストールメディアで修復を試みます。

以下のコマンドを実行します。

DISM.exe /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:<イメージパス> /LimitAccess



例:

DISM.exe /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:C:\RepairSource\Windows /LimitAccess




【2】
(1)念のため復元ポイントを作成し、後で元に戻せる準備をしておきます。

(2)管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

(3)以下のコマンドを実行し、システムに不整合が発生していないか確認します。


C:\>sfc /scannow


(4)以下が出力されてら、システムに不整合は発生していません。

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。
システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。
Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。



キーワード:Windows Update

Windows トラブルシューティング一覧に戻る


(ご注意事項)本ページは2017年に独自に調査して記載した事項です。本ページには誤りがある可能性はあります。また今後仕様が変更となる可能性があります。
本ページにより発生したいかなる損失も誰も補償しません。あくまでも自己責任で参考にしてください。